Suicaをオートチャージ設定にしておいてよかった!

つい先日、午前中から出張ということで会社を出て、いつもの通勤ルートとは違う電車に載った時の事です。
そういえばズボンのポケットに違和感があるな?と思って探ってみると、無いのです。
お財布が!慌てて会社を出たので、デスクに置いてきてしまったようです。
取りに戻る時間はありません。
いつもの通勤ルートではないので、当然定期券は使えず、乗り換え時にSuicaから運賃が引かれます。
まぁ最近はATMがどこにでもあるから、コンビニで現金を引き出せば大丈夫か、と思いましたが、そもそも財布が無いのでキャッシュカードもありません。
打ち合わせ場所は駅ナカのレストランなので、最悪そこまで残りのチャージ分で行ければ、恥ずかしいけれどお金を借りて戻る事は出来るかと思ってJRに乗り換えた時です。
ピッという音と共に、オートチャージ3000円との文字が自動改札に表示されました。
完全に忘れてましたが、オートチャージを設定していたのです。
その後はランチも無事にSuicaで支払い、恥をかかずに会社へ戻ることが出来ました。
オートチャージを申し込んでおいて、本当に助かりました。